告白を成功させるちょっとしたテクニック

告白を成功させるためのちょっとしたテクニック

このページでは、少しでも成功確率を高めるために押さえておくべきことをご紹介します。

 

好きな相手に自分の気持ちを伝えるとなると、誰しも緊張するものです。

 

しかし、告白なしに恋愛が始まることはありません。

 

そして、女性側も好意を伝えられたら、誰でも嬉しいものです。

 

それまで意識していなかったけど、告白されて気になる存在になったというカップルも少なくありません。

「上手くいく」と信じて、勇気を持って行動しましょう。

 

準備編

[point_box3 color=”orange”]何度かデートを重ねておく[/point_box3]

 

当たり前の話ですが、初対面の相手に告白したところで、うまくいくわけがありません。

 

事前にデートを重ねて、関係性を築いておくのが重要です。

 

ただし、告白しないまま、中途半端な状態を引きずり続けるのも考えものです。

 

事前のデートは3回くらいで十分です。

 

二人だけで、それだけ会えるということは、相手もあなたに好意を持っている証拠です。

 

自信を持って行為を伝えてください。

 

[point_box3 color=”orange”]夜のデートで告白する[/point_box3]

 

告白のタイミング夜が圧倒的にオススメです。

 

心理学的な話になりますが、人間は昼間よりも夜のほうが興奮して情熱的になるという性質があります。

 

告白する時に、この性質は使えます。

 

夜だと、あなたも相手の女性も情熱的になっているので、恋愛感情も盛り上がりがちです。

 

気持ちを伝えたら、そのまま受け入れられる可能性が高くなります。

 

逆に、昼間は冷静なので、告白には向いていない時間帯です。

 

明るい昼間に告白するなんて、ムードがなさ過ぎですよね(笑)

 

気持ちを伝えるのは夜にしましょう。

 

[point_box3 color=”orange”]場所を決めておく[/point_box3]

 

どこで気持ちを伝えるのかというのも重要です。

 

夜景がキレイなレストラン、居心地の良いバーといったようなムードのある場所がオススメです。

 

店内の照明は少し暗いほうが雰囲気が出てイイですね。

 

デートの注意点

[point_box3 color=”orange”]自然体を意識する[/point_box3]

 

告白するとなると緊張しがちですが、女性からすると、自然体というのが理想的な男の姿です。

 

緊張している状態というのは、女性から惹かれてしまう原因になります。

 

イメージが良くないですし、女性自身も緊張して、居心地が悪くなってしまいます。

 

最悪、「もう帰りたい」と思ってしまうかもしれません。

 

これでは上手くいくはずありませんよね。

 

全く緊張しないというのは難しいかもしれませんが、出来るかぎり自然体で接することを意識しましょう。

 

また、告白するからといって、いつもと違う場所をセッティングするのもNGです。

 

例えば、急に高級なレストランなどにいったら、相手も構えてしまいます。

 

「今日は何かあるのかな」と変に緊張させてしまい、うまくコミュニケーションが取れなくなります。

 

告白する時ほど、いつも通りの普通さを意識してください。

 

告白するときの注意点

[point_box3 color=”orange”]相手との距離感に注意する[/point_box3]

 

ここでいう距離というのは、物理的な距離です。

 

人間は、ここからは親しい人にしか入らせないというテリトリーを持っています。

 

自分のテリトリーに誰かが入ってくると、その人を強く意識するようになります。

 

嫌な相手なら嫌悪感がわき起こります。

 

一方、好意を持っている相手であれば、より親しみを覚えるようになります。

 

ですので、この状態で告白すると、自分の気持ちがより強く相手に伝わります。

 

例えば、バーのカウンターで並びに座るといった感じですね。

 

相手との親密さをアップさせるうえでも効果的なので、告白する時には対面ではなく、並びの位置関係を意識してください。

 

[point_box3 color=”orange”]正直に気持ちを伝える[/point_box3]

 

これは、あまり難しく考える必要はありません。

 

結局の所、「好きです」とストレートに告白するのが一番です。

 

告白に言葉の上手・下手は関係ありません。

 

自分の気持ちを素直に伝えることが出来れば、何でもOKです。

 

理屈でアレコレ言うよりも、感情を伝えたほうが喜んでもらえます。

 

[point_box3 color=”orange”]答えを急がない[/point_box3]
告白したとしても、その場で相手から返事がもらえない時もあります。

 

案外、こういったケースは少なくありません。

 

そんな時は、女性に答えを急かすことはせず、「待っているね」と一言伝えて終わりにしましょう。

 

それが女性の求める「優しさ・気遣い」と言っても過言ではありません。

 

いかがだったでしょうか?

 

上記のことに気をつけて、是非、告白を成功させてください。