出会って3分で仲良くなる相手の呼び方

女性の名前の呼び方はとても大切です。

 

あなたは、気になる女性に対して、どのように呼んでいるでしょうか?

 

仕事関係であれば、「さん付け」が普通ですが、婚活となると話は違ってきます。

 

呼び方一つで、相手との関係が一気に変わりますといっても過言ではありません。

 

まさに、今後の婚活の行方を左右するぐらいの重要事項なのです。

 

苗字のさん付けは最悪な名前の呼び方

最悪なパターンは、苗字のさん付けです。

 

例えば、「山本さん」、「小林さん」といった感じですが、女性に話を聞くと、最も気持ちが萎える呼び方のようです。

 

相手と出会った出発点が仕事関係ということであれば、むしろ「さん付け」でなければいけませんが、プライベートな場であれば、苗字のさん付けは絶対にやめましょう。

 

いきなり「~ちゃん」と呼んだら馴れ馴れしすぎると嫌がられると思いがちですが、決してそんなことはありません。

 

マイナスに働くことは、そうはないです。

 

女性は元々、男性よりくだけた付き合いを好みます。

 

例えば、年配の女性でもお互いを「ちゃん」付けで呼ぶといったことも普通です。

 

女性はいくつになってもカワイイと思われたい性質があるものなので、少し付き合いが深くなってから、こんなふうに呼べば、まず喜ばれます。

 

むしろ、その瞬間から、女性との距離が縮まって一気に仲良くなれるはずです。

 

「~ちゃん」以外の呼び方

「呼び捨て」も相手との距離を縮める呼び方ですが、タイミングが難しいです。

 

「この人なら大丈夫」と確信を持てない相手には使わないほうが無難です。

 

もう一つの候補として、名前を「さん付け」するという方法があります。

 

いきなり「ちゃん」付けすることに抵抗があるという人にとっては、無難な呼び方です。

 

実は、競馬の武豊騎手は、今でも奥さん(佐野量子)の事を「量子さん」と呼んでいるそうです。

 

何でも、武豊曰く「さん付けの方がスマートに聞こえる」そうです。

 

ですので、「さん付け」も候補の一つとして入れておきましょう。

 

自分の名前の呼ばれ方も工夫する

恋愛・恋活となると、女性の呼び方と同じように自分の名前の呼ばせ方も重要です。

 

いつまでたっても「~さん」では、二人の距離は縮まりません。

 

女性からくだけた呼び方をするのは大変なので、「下の名前で適当に呼んでよ」とリードするようにしましょう。

 

慣れない人にとっては勇気がいるかもしれませんが、誰もがやっていることなので、気にせずトライしてみてください。

 

グダグダしていたら、いつまでたってもゴールまでたどり着きません。

 

思いきって進んでみましょう。