「実年齢=彼女いない歴」から抜け出す方法

「彼女いない歴=実年齢」という人は、けっこう増えていると言われています。

 

男性ばかりでなく、女性でも、生まれてから今まで彼氏が出来たことがないという人も少なくないみたいです。

 

国民全体的に恋愛が下手になってきているのかもしれません。

 

言ってみれば、恋愛に臆病になっていると言いますか、振られることを怖がって、女性をデートに誘うことが出来ません。

 

まして、告白なんて・・・という状態です。

 

これで、彼女が出来るわけもなく、恋愛と縁がないまま、時間だけが過ぎていくというわけです。

 

結局、自分からは積極的にアプローチしないという状態に陥ります。

 

一方、いつも彼女がいるような男というのは、積極的に女性にアプローチします。

 

「今度、飲みに行こうよ」とか「良いレストラン見つけたんだ」と言うように、友達を誘うかのような感じで、女の子に声をかけることが出来ます。

 

モテナイ男は、自意識過剰というか、必要以上に女性に対して構えていて、まともに接することが出来ません。

 

逆にいえば、ここを変えることが出来れば、状況は劇的に変わります。

 

まずは女性に対する意識改革を・・・

男の場合、なんといっても重要なのは、振られる勇気を持つことだと思います。

 

彼女がいない状態がずっと続いている男というのは、「付き合ってください」の一言がいえないものです。

 

そのため、とにかく女性と話をする機会を増やし、女性に対する臆病さをなくしましょう。

 

会社の同僚と話をするということでいいですし、合コンでも、キャバクラでも風俗でも、なんでも構いません。

 

とにかく、女性と話す経験を重ねることです。

 

特別意識さえなくなれば、幾らでも話せるようになります。

 

女性に話しかけられるようになれば、恋愛のチャンスなんて幾らでも生まれます。