自分がモテる場所を探そう

当然のことながら、婚活の場では、イイ女に多くの男が群がります。

 

合コンでもパーティーでも、たくさんの男性が参加しているのですから、必然的にそのような状況は起こるわけです。

 

そして、複数の男性からのアプローチに対して、意中の相手に自分を選んでもらう・・・

 

これが勝つということになります。

 

では、そのためにはどうすればいいのか?

 

一つの恋愛戦略として、『自分が勝てそうな場を選ぶ』という考え方があります。

 

「相手に気に入られる」努力をする前に、既に自分の魅力を分析して、勝ちやすい場に参加するということなのです。

 

ライバルに勝てる場所を選ぼう

例えば、年収を一つの例にしてみましょう。

 

すこしドライな基準かもしれませんが、女性が男性を選ぶ重要なポイントの一つであることに違いはありません。

 

収入が高いというのは、生活していく上でもお金は必要ですし、何より仕事ができるということの裏付けでもあります。

 

仕事が出来ない男は、いくらルックスが良くても、いずれ飽きられてしまいます。

 

ホストクラブの男性でさえ、水商売という仕事で結果を出している男です。

 

つまり、収入というのは男性が自分をアピールする武器になるわけですが、上には上がいるものです。

 

張り合っていたらキリがありません。

 

そこで、自分が相対的に評価される場所で婚活をしてみましょう。

 

自分の収入が500万円、他の参加者が年収が平均350万円とすれば、相対的にあなたが優位に見えます。

 

逆に、みんなが同じくらいの収入であれば、ルックスなどの見栄えの勝負にならざるを得ません。

 

お見合いパーティーには、年収500万円以上や年収700万円以上といった参加条件が設けられているパーティーがあります。

 

今の時代、これぐらいの収入がある人はステータスがあると言えるかもしれません。

 

だからといって、こういったパーティーに安易に参加するのは考えものです。

 

こういったパーティーに参加する男性は、みんな高収入だからです。

 

もし、あなたの収入が年収500万円だった場合、年収500万円以上が参加条件となっているパーティーでは最下層の部類に入るとことを意味します。

 

そこが最低条件になっているのですから、自分より下の人間はいないわけです。

 

実際、こういったパーティーでは年収1000万、2000万円といった人が参加することも珍しくありません。

 

こんな場所で婚活しても、まず上手くいきません。

 

あなたが年収500万円プレイヤーだったら、年収のくくりがない場所に参加した方が成功する確率が高くなります。

 

なぜなら「年収のくくりがない」ということは、そこには「年収の条件をクリアできない男性」が集まる可能性が高いからです。

 

そういった場であれば、自分は高収入の部類に入る可能性が高くなり、女性に対するPR力が違ってきます。

 

男としてアピールできる材料がなければ、婚活はうまくいかない

女性の男性に対する見極めは、きわめてシビアです。

 

女性を惹きつけるには、ライバルを押しのけて、自分をアピールすることが重要です。

 

そのためには自分自身を磨く、実力を付けるといったことも大切ですが、それ以上に自分が勝てる集団を選択することです。

 

「鶏口牛後」ということわざがありますが、まさに婚活の場で意識すべきことです。

 

自分のアピールポイントを強調できる場所を見つけて、婚活をしてみてください。

 

きっと、良い結果が得られますよ。