婚活情報サービスのデメリット

結婚情報サービスを利用するためには、ある程度の費用が掛かってしまいます。

 

必要となる費用は、会社によって異なりますが、登録料がだいたい3万円から5万円で、活動初期費用としては10万円から50万円程度のまとまったお金が必要になるところが多いようです。

 

また、会社が主催するパーティーやツアーなどに参加するためには、その都度お金がかかる場合もありますし、結婚が成立した場合に、成功報酬が必要となるシステムを採用している会社もあります。

 

生涯のパートナーを決める大事な作業ですので、ある程度の出費を覚悟することは必要だと思いますが、サービス内容をよく比較し、自分にあった会社に納得して入会することが大切です。

また、業者の中には儲け優先で、サクラや幽霊会員を多数抱えて、登録人数を水増ししていたり、身分の調査をしっかり行わず、履歴詐称のようなトラブルを起こしているところもあります。

 

入会前に会社の活動状況や実績などをしっかりと調べることは必要でしょう。

しつこい勧誘トラブルもあり得ます

婚活サービスがらみで目立っているのは、資料請求した後のしつこい勧誘です。最近は個人情報が高く売れる時代になっていますが、きちんと断ったにもかかわらず、何度もメールや電話でアプローチをかけ、中には脅迫めいたことまでするような勧誘員もいるようです。

 

以前、流行っていた出会い系サイトでは、このような被害は顕著だったのですが、婚活サービスでも、同様のケースは少なからずあります。

 

このサイトで紹介している婚活サービスでは、「しつこい勧誘をしない」という点をきちんと確認していますが、地元の結婚相談所や中小の婚活サービスを活用する際は、個人情報の保護方針などをきちんと確認しておきましょう。