婚活は場数を踏むことが大事

婚活をはじめたとき、私が心がけていたことが一つあります。

 

それは、最低でも2週間に1回は女性が集まる場に参加するようにしようと言うことです。

 

もちろん出会いのチャンスを増やすという意味もあります。

 

しかし、それ以上に重視したのは自分を恋愛体質に改善することでした。

恋愛から遠ざかっていると、恋愛する力が落ちる

恋愛は不思議なもので、恋人がいない期間が長くなればなるほど、次の相手がみつかりにくくなります。

 

一方で、ずっと恋人がいて、別れてもすぐに次の相手と巡り合うという人もいます。

 

こんな話を聞くと、「すぐにみつかるなんていいな」と思われるかもしれませんが、すぐだから見つかるといったほうが正しいです。

 

失恋を引きずって、次の恋をする気になれないという時期が1年以上続くと、その次の恋愛がなかなか始められないという状況に陥ります。

 

例えば、合コンに行ってみると、年齢が30代なかばから後半の女性で、すごくキレイな人が多かったりします。

 

そして、彼女らに話を聞くと、口々に「彼氏いない歴が数年」と言うのです。

 

理屈で説明することはできませんが、恋愛にはこういう傾向があります。

 

ちなみに、長い間、異性に会わない状況が続くと、完全に女っ気がない状態になってしまいます。

 

女っ気がないという人は、女性と会う機会を増やすこと!!

私の場合、婚活を始めた時、女性に会う機会を増やすことを最優先しました。

 

振り返ってみると、これは正しかったと思います。

 

女性に会うのが普通という環境になると余裕が出てきますし、会話力や距離感の取り方といったコミュニケーションもうまくなります。

 

「今回がダメでも、次のチャンスがあるし」と思えると態度が自然になるので、それが逆に女性からしてみると安心する要素になり、好感を持ってもらえます。

 

恋愛力というのは筋肉のようなもので、継続してトレーニングをしないと力がつきません。

 

恋愛力を鍛えるトレーニングというのは、実際に女性と会うことにですので、そういった意味で場数を踏むというのは重要です。

 

婚活に失敗する人の特徴

婚活で失敗する人というのは、1回や2回のチャンスで勝負を決めようとします。

 

しかし、物事、そんなに簡単に上手くいくわけありません。

 

私の友人でナンパが抜群にうまい男がいるのですが、話を聞くと、どんなにいい男でも、ナンパの成功率は10%程度なのだそうです。

 

つまり、10人声をかけても9人には断られるのです。

 

なので、ナンパがうまい人間というのは、失敗にめげない人らしいです。

 

結局、恋愛は数なので、持続的に取り組んでいくしかありません。

 

そのためには、短いサイクルで何度も繰り返すことが鉄則です。

 

女性と会うのが習慣にすることが出来れば、婚活成功の確率は自ずと高まっていくでしょう。