女性との会話が苦手な方のために・・・

女性との会話が苦手な方向けの会話術

恋愛経験が浅い方は、婚活をしたいといっても、「でも、女性と話すのは苦手で・・・」と尻込みする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方にオススメの会話術があります。

 

といっても、すぐに実践出来る簡単なテクニックなんですが、「自分の感情を会話のセンテンスに入れてみる」というものです。

 

本当にちょっとしたことですが、これで女性との会話がグッと盛り上がります。

 

例えば、「私の趣味は犬の散歩です」という女性がいたとします。

 

その時、会話が続かない人の会話のパターンはこんな感じです。

 

どんな犬種を買っているんですか?

トイプードル飼っています。

何歳になるんですか?

今、3歳になります

散歩は朝夕どちらに行きますか?

 

会話は続いていますが内容は情報のやりとりになっています。

 

これだと、会話は盛り上がりません。

 

女性にとってウザったく感じてしまう会話の典型例です。

 

これに「感情」を入れてみると、まったく会話が変わってきます。

 

「私は犬を飼っています」


「私も犬が好きなんですよ。僕も近所で散歩している犬を見ると、楽しくなってきます。

「ところで、どんな犬を飼っているんですか?」


「犬種はトイプードルを飼っています」


「トイプードルって、小さくてかわいいですよね。おまけに利口でしつけもしやすいと聞いたことがありますよ」

「ちなみに、散歩は朝夕どちらにいきます?」

『今は暑いので、朝の出勤前に行っています」

「そうですよね。今は暑いですもんね。暑い中で散歩させたら犬もかわいそうですもんね」

青字にっているところが自分の感情を表している部分です。

 

例としてはちょっと下手かもしれませんが、大体のイメージはつかんで頂けたでしょうか?

 

感情の共有が女性との会話を盛り上げる

上記のような話し方にすると、会話の盛り上がり度が断然違ってきます。

 

というのは、女性は感情を大切にする傾向が強いですので、他人と共感出来た時、喜びを感じるからです。

 

女性同士の会話を聴いているとわかりますが、互いの感情を伝える言葉が大半を占めることに気が付きます。

 

男性は自分の感情よりは、理屈を表に出すことが多いです。

 

感情をあらわにするのは、取り乱したみっともない男性と思う部分があると思います。

 

しかし、会話の中で感情を共有できないと、女性からすれば「つまらない」と感じてしまいます。

 

ですから、長年の習慣なので直すのは難しいかもしれませんが、意識的に自分の会話に感情表現を入れ込むようにしてみましょう。

 

こんなふうにしていると、女性のほうが勝手に話を進めてくれるので、そこに対して言葉を返す時に、また自分の感情を伝えることを忘れなければ、会話が途切れずに続きます。

 

女性は自分の話を聞いてくれる男性が好きなので、好感度アップにもつながります。

 

是非、試してみてましょう。